利用者様が常に安心して施術が受けられる?!岐阜市の訪問マサージ・リハビリ!

2014年12月16日

こんにちは。コーディネーターの片田です。

今回は、オリーブ橋小脳萎縮症の利用者様の施術に同行しました。

オリーブ橋小脳萎縮症とは?

原因が不明で中年以降に発症する病気です。
頭部のCTやMRIで小脳や橋に委縮が確認されます。
患者数は、10万人中20人弱いると言われています。

症状

初期には歩行時にふらつき、手が上手く使えないなどパーキンソン病と似た症状が見られますが、進行するにつれ発汗障害や排尿障害も起こってきます。

■小脳症状
・運動失調性構音障害
・上肢の運動失調
・運動失調性歩行障害

リハビリ

オリーブ橋小脳萎縮症を発症した場合、リハビリが特に重要だと言われています。
リハビリでは、日常生活動作の維持・向上が目標となります。

特に、寝たきりにならない為の関節可動域訓練や起き上がり訓練・歩行訓練が重要となります。

リハビリにより、その状況にあわせた日常生活での体の動かし方、話し方などが身につけることができますし、運動機能の維持・向上ができることで寝たきりや合併症等の死を招リスクを予防することが出来るのです。

施術の様子

TS3Z0138.jpgのサムネール画像
肘や手指の拘縮が進んでいらっしゃいます。

会話が出来ない為、目のまばたきのみで合図をされます。

仰臥位にて四肢マッサージROM訓練をおこないます。

下肢の屈伸運動の際、伸展させる力が出てきました。特に右下肢が強く伸展できるようになってきました。

先生が話しかけながらゆっくりとサポートしながら施術を進めていきます。

いつも手足が冷たいのですが、マッサージ後は血行がよくなり温かくなっていました。

表情や声で私達には伝えられない分、マッサージ中は体の反応や顔など様子を見逃さないよう細心の注意を払います。

利用者様が常に安心して施術を受けていただけるよう、常に利用者様のお身体の状態の確認は怠りません。

利用者様からは、こんな声も届いています!

あなたも訪問マッサージを受けてはみませんか?

利用者様のお身体の改善を目指して、わたし達が全力でサポートいたします!


タグ: , ,

Posted by 訪問マッサージひまわり at 18:25 / 未分類 利用者様が常に安心して施術が受けられる?!岐阜市の訪問マサージ・リハビリ! はコメントを受け付けていません。



ページの上部へ