利用者様に合わせて施術回数の変更が可能です!岐阜市の訪問マッサージ・リハビリ!

2016年9月6日

こんにちは。マッサージ師の太田です。

最近は台風の連続発生など異常気象の影響が激しく出ていますね。

今年は9月も平年よりかなり暑くなるとの予報が出ていますので、まだまだ熱中症などには気をつてけください。

また、気候の変化が激しくなる季節には体調不良にもなりやすいです。適度な運動や睡眠をしっかりと取り体調に気をつけましょう。
さて、今回は腰部圧迫骨折後遺症と両膝変形性の利用者様の施術を紹介いたします。

腰椎圧迫骨折とは?

転倒による尻もちなどの外から力が加わる事で比較的起こりやすい骨折です。
尻もちなどで脊椎に圧迫力がかかり、脊椎が上下から圧迫され潰れてしまい骨折してしまうのです。

加齢に伴い発生率も上昇します。特に閉経後の女性骨粗鬆症の方の発生が大部分を占めます。
しかし、交通事故などの大きな衝撃が加わるものでは、若年者でも発生することがあります。

症状

骨折部の疼痛と腫脹がみられます。激痛を伴うこともあるので、その場合は救急車で病院に搬送されることも多くあります。

骨折による脊髄の圧迫がある場合は、筋力の低下知覚の麻痺直腸膀胱症状(尿失禁や便失禁)などが発生することもあります。

圧迫骨折後のリハビリ

骨折直後は激痛により歩行困難になることも少なくありません。しかし、入院してコルセットを装着していると、徐々に受傷直後の痛みが和らいできます。

退院後も、コルセットをつけていると日常生活も不自由なく送れる方が多いので、リハビリがおろそかになってしまう方も少なくありません。また、コルセットをとると痛みが再発したり激痛がしたりするためコルセットに頼り切ってしまう方もみえます。

そのために、腰部を中心に体全体の筋力の低下が起こったり、体を動かさないことで筋肉が硬くなってしまうことも多くあります。

特に高齢者の場合、痛みに対して不安になることが多く、さらには動かない方が治ると思っている方が多くみえます。
動かないように外出する事が少なくなったり、家でも寝たきりになってしまうことが少なくありません。

加齢により、筋肉は硬直しやすくまります。一度固まってしまった筋肉を柔らかく動かしやすくには長期にわたる時間がかかってしまいます。

腰椎圧迫骨折のリハビリはまず、長期間動かさなかった筋肉を和らげ、筋肉を動かす事から始まります。

腰椎圧迫骨折の後遺症

代表的な後遺症として下記のものがあります。
・手足のしびれ
・腰背部の突然の激痛
・腰から足にかけての痛み

施術の様子

歩行は家の中のみ。手すりにつかまりゆっくり歩行訓練されます。

施術は両側臥位にて四肢マッサージ、仰臥位にて両下肢伸展運動を行ないます。

今回は特に膝と背中が辛いとの事でしたので、端座位にて肩~背中のマッサージを行いました。

利用者様の体調をみながら軽めのマッサージを行います。
2013-07-18 15.13.45.jpgのサムネール画像

以前は週一回の施術でしたが、今は週二回の施術です。

訪問マッサージでは、ご利用開始してからでも施術回数の変更が可能なのです。

「マッサージを受けると歩行訓練の調子が上がる」とお喜びになられ施術を増やされました。

他にもこんな声が届いています!

始めた頃は緊張されて無口でしたが、最近では、たくさんお話をして下さるようになりました。

これからももっとたくさん歩けるようになるために一緒にがんばっていきましょう!

わたし達が全力でサポートいたします!
訪問マッサージひまわりでは随時無料体験を行っています。

マッサージに興味のある方は是非一度無料体験を受けていただく事をお勧めします。
※写真はイメージです。


タグ: , , ,

Posted by 訪問マッサージひまわり at 10:05 / 未分類 利用者様に合わせて施術回数の変更が可能です!岐阜市の訪問マッサージ・リハビリ! はコメントを受け付けていません。



ページの上部へ