リハビリに励まれている利用者さまを全力でサポートいたします!岐阜市の訪問マッサージ・リハビリ!

2014年12月26日

こんにちは。コーディネーターの片田です。

今回はパーキンソン病の利用者様の施術に同行しました。
施設でリハビリと訪問マッサージを併用されています。

いつも私達が訪問すると、ニコニコと手を振って迎えて下さいます。

歩行は介助者と一緒に歩行器で歩いていらっしゃいます。

パーキンソン病と間違えやすい病気

パーキンソン病の初期症状と間違えやすい病気で「本態性振戦」といわれるものがあります。高齢者に多くふるえを主な症状とした病気です。

本態性とは、原因不明ということで、原因がわかりませんが手足、アゴなどがふるえる病気です。
パーキンソン病は何か動作をしようとするとふるえは止まります。しかし、本態性振戦は、逆に動作をするときにふるえが起こります。
例えば、字を書こうとすると手がふるえて書けないというような症状がみられます。

施術の様子

写真(1).JPGのサムネール画像両側臥位で頚部から臀部までのマッサージ。仰臥位で四肢マッサージROM訓練をおこないます。
リハビリで疲れた筋肉をほぐし、関節も柔らかくしていきます。

このままパーキンソン病が更に進行していくのが避けられないなら、進行スピードを少しでも遅くしたい。とのお気持ちでリハビリとマッサージを受けられています。

マッサージを始められた頃より 顔色も良くなり、最近では手先のリハビリにもなる 折り鶴を折りはじめられました。

「マッサージを始めた頃より身体が動かしやすくなって本当に嬉しい。」
このようなお喜びの声をいただきました。

他にもこんな声が届いています!

前向きにリハビリに励まれている利用者様をわたし達が全力でサポートいたします!
※写真はイメージです。

気を付けなければいけない合併症

パーキンソン病ではうつ病の合併症が多いとされています。
不眠や食欲不振、落ち込みや意欲低下などの軽いうつの症状にご家族の方が先に気がつくことも少なくありません。
そのような症状に気づいたときは、医師に相談しましょう。現在は効果的な治療を受けることができます。


タグ: , , ,

Posted by 訪問マッサージひまわり at 16:55 / 施術の様子,訪問リハビリ リハビリに励まれている利用者さまを全力でサポートいたします!岐阜市の訪問マッサージ・リハビリ! はコメントを受け付けていません。



ページの上部へ