歩行訓練の調子が上がる!!岐阜市の訪問マッサージ・リハビリ!

2016年5月31日

こんにちは。マッサージ師の太田です。
もうすぐ6月ですね。最近は暑い日も多くなってきたので熱中症には気をつけましょう。

今回は、腰部圧迫骨折・両側変形性膝関節症の利用者様の施術を紹介いたします。
利用者様は歩行は家の中のみで手すりにつかまりゆっくり歩行されます。

変形性膝関節症の症状

1、膝を動かしたときに痛みを感じる(動作時痛)
特に椅子やベッドからの立ち上がりや歩行時、階段の上り下り時などの、膝に体重がかかるときに痛みを感じる場合が多くあります。

2、膝の曲げ伸ばしがしづらくなる。
膝を真っ直ぐ伸ばすことや、正座やしゃがむことがしづらくなり、痛みが出る場合もあります。

3、膝に水が溜まる(膝が腫れる)
変形の起こった膝関節は関節炎を発症し、関節液が多量に膝関節内にたまっってしまうのです。

変形性膝関節症のリハビリ

変形性膝関節症は、加齢による関節の変形が原因となることが多くあります。そのため、膝関節の機能を維持しようとする利用者様自身の気持ちとがんばりも重要となってくるのです。

変形性膝関節症に対するリハビリの目的は、膝の屈伸機能の回復と膝を支える筋力の回復です。

膝の可動性を回復させる関節可動域訓練、膝の支持性を回復させる筋力強化訓練は変形性膝関節症に対する有効な治療法なのです。

関節の機能である可動性と支持性を回復させるリハビリは変形性膝関節症の治療だけでなく予防法としてもとても重要な役割を持っています。

施術の様子

施術は両側臥位にて四肢マッサージ。仰臥位にて両下肢屈伸運動をおこないます。

特に膝と背中が辛いとの事で端座位にて肩~背中のマッサージも行いました。

利用者様の体調をみながら軽めのマッサージを行います。

以前は週一回の施術でしたが、今では週二回の施術をさせていただいております。

訪問マッサージでは、施術開始後でも施術日数や曜日変更が可能です。
130122_1605~01.jpgのサムネール画像

「マッサージを受けると歩行訓練の調子が上がる。」とお喜びの声をいただき、施術を増やされました。

他にもこんな声が届いています!

始めた頃は緊張されていましたが、最近では、たくさんお話をして下さるようになりました。

もっとたくさん歩けるようになる為に、一緒にがんばっていきましょう!

わたし達が全力でサポートいたします!
※写真はイメージです。


タグ: , , ,

Posted by 訪問マッサージひまわり at 18:14 / 施術の様子 歩行訓練の調子が上がる!!岐阜市の訪問マッサージ・リハビリ! はコメントを受け付けていません。



ページの上部へ