食事を楽しくする方法

2010年2月6日

食事は私たちが生きていく上で欠かせない行為です。
また、それと同時に楽しいひとときでもあると思います。
楽しい食事は、とてもおいしく感じますよね。
こういった食事での「おいしい・楽しい」といった感情は生きる意欲を高め、明日を生きる糧にもなります。
そのため、楽しんで食事をしてもらうことはとても大切なことです。
しかし、患者様の中には食事の時間を楽しくないと思う人も少なくありません。
ですから、家族の方々は、栄養補給のためだけの「食べさせる」食事ではなく、楽しんで「食べてもらえる」食事にすることを心がけることが大切です。
患者様に楽しんで食事をしてもらう方法として「家族と一緒に食事をする」ということがあります。
家族と会話をしながらの食事は患者様にとって大切な時間となるでしょう。
思うように会話ができない患者様でも、家族の方の会話を聞くだけで脳の活性化につながります。
また、食卓で食事ができない状態ならば、家族の顔が見える位置にベッドをもってくるなどの工夫をしましょう。
時間が合わないなどの理由で平日は難しいという場合は、休日の夜に家族そろって一緒に食事をするなどと決めておくのもいいと思います。
「家族と食事をすること」。これがなにより一番楽しい食事にする方法だと思います。


タグ:

Posted by 訪問マッサージひまわり at 21:27 / リハビリ介護の方法 食事を楽しくする方法 はコメントを受け付けていません。



ページの上部へ