体調の変化をチェック!呼吸の測り方とポイント

2011年9月12日

AT173_L.jpg
誰でも自分の体調がいつもと少し違うなと感じたことがあると思います。
そう、体調は毎日同じではありません。
特に高齢者の方では、ちょっとした変化にも注意が必要になります。
体調の変化にいち早く気がつくためにも、毎日決まった時間の体調チェックを行うようにしましょう。
今回は、呼吸の測り方とポイントについて紹介しますね。
起きているときの呼吸は、規則的に行われています。
しかし、眠っているときの呼吸は、不規則になりがちです。
起きているときも、眠っているときも観察しましょう。
また、眠っているときは、苦しそうでないかを見るようにします。
ただし、アゴを動かす時は、呼吸の妨げになる可能性がありますので注意してくださいね。
★呼吸の測り方・ポイン
①正常回数を知っておく。
正常な呼吸の数は、一分間に14回~20回といわれています。
それよりも少ない、また多い時は注意しましょう。
②胸の上下で測る。
脈の測定が終わったら、脈を測った手はそのままにし、胸が上下する数を数えます。
それが呼吸数になります。
③無呼吸の有無を確認する
不規則な呼吸の場合、呼吸をしていない時間がある可能性がありますのでチェックが必要です。
毎日測定し、健康なときの数値を把握しておくことが大切です。
その数値をもとに、変化が大きい場合、上昇・下降しているときは注意が必要ですよ。


タグ: , , , ,

Posted by 訪問マッサージひまわり at 07:37 / リハビリ介護の方法 体調の変化をチェック!呼吸の測り方とポイント はコメントを受け付けていません。



ページの上部へ