拘縮を改善するために一緒に頑張りませんか?岐阜市の訪問マッサージ・リハビリとは?!

2013年3月21日

こんにちは。コーディネーターの片田です。
130122_1402~02.jpgのサムネール画像今回は脳梗塞の後遺症の為、四肢麻痺言語障害がある利用者様の施術に同行しました。
座位になると右に傾いてしまいます。
マッサージを開始したころには、拘縮も始まっていてマッサージを痛がられていました。
しかし血行もよくなるので、やはりマッサージは必要です。
体が傾いてしまう為、腰もかなり負担かかっているのでカチカチに筋肉が張っています。
マッサージの強さは弱めでゆっくりほぐします。
まだ始めて三回目ですが、拘縮も少しずつ緩んできています。
ROM訓練で、関節の可動域を拡げていきます。
拘縮があるため、関節を動かすと痛みが出てしまいますが、ROM訓練をきちんとおこなうために、利用者様やご家族様にも理解していただけるよう説明をおこない、マッサージとリハビリをおこなっています。
はじめは辛い訓練ですがご理解していただき、一緒に訓練を頑張っていただけることは、とても嬉しく思います。
先生も、「今後の状態を少しでも良くしたい!」と言う気持ち一生懸命にマッサージされています。

利用者様からは、こんなお喜びの声もとどいています!

一緒に頑張っていきましょう!わたし達が全力でサポートいたします!


タグ: , , ,

Posted by 訪問マッサージひまわり at 12:38 / リハビリ訓練,施術の様子,訪問リハビリ 拘縮を改善するために一緒に頑張りませんか?岐阜市の訪問マッサージ・リハビリとは?! はコメントを受け付けていません。



ページの上部へ