脳卒中の前触れってどんなものがあるの?

2011年5月24日

脳卒中。みなさんの中には、知っている・聞いたことがあるという方も多いのではないでしょうか?
脳卒中は、「脳血管障害」ともいい、脳の血管で起こる病気のことの総称です。
脳卒中には、「脳梗塞」「脳出血」「くも膜下出血」などがあります。
これらが起こる前触れにはいったいどんなものがあるかを紹介します。
①脳梗塞
・一瞬片目が見えなくなる
・めまいや吐き気がする
・体の片側の力が急に抜けて、持っているものを気付かぬうちに落としてしまう
・体の片側の手足がしびれたり、感覚が鈍くなる
・うまくしゃべれない、人の言うことが理解できなくなる
・歩けない、歩きずらい、フラフラしてバランスを保てなくなる
②脳出血
前触れはほとんどないが、
数日前から血圧が急に上がったり下がったりを繰り返す
③くも膜下出血
・物が二重に見える
・吐き気がする
・頭をハンマーで強く殴られたような激しい頭痛がする
これらのような前触れと言われているような初期症状に早い段階で気づくこと、気づいたら直ちに病院にて検査、専門医の診断を受けることがとても大切になります。
まずは、脳卒中を事前に防ぐために、運動や食事のことなど今の生活を見直し、改善することが重要ですよ。


タグ: , , , ,

Posted by 訪問マッサージひまわり at 06:44 / リハビリの疑問 脳卒中の前触れってどんなものがあるの? はコメントを受け付けていません。



ページの上部へ