拘縮のリハビリ 「肘をまわす」

2012年2月20日

AT179_L.jpg
脳卒中などの後遺症による片麻痺により、麻痺側の筋緊張や関節拘縮が進みます。
リハビリをしないままでいると、拘縮が進み、可動域が狭くなってしまいます。
ですから、関節が固くなってしまう前に予防、また固くなった関節を柔らかくしていくことが大切です。
今回は、拘縮改善、予防の肘をまわすリハビリ方法を紹介したいと思います。
★肘をまわすリハビリ方法
本人様には仰向けに寝ていただきましょう。
介助者は本人様の麻痺側に座ります。
① 左手で本人様の手首を、右手で肘を下から支え、介助を行う人の膝上まで持ち上げます。
   ※麻痺側が右側の場合
② 手首を持っている手を内側にまわします。
③ 今度は反対に外側にまわします。
★注意点
無理にまわすと、筋肉や関節を痛める危険性があります。
できる範囲での運動にしましょう。
★ポイント
短い時間で毎日続けていくことが有効です。
リハビリは、本人さんが痛がらない範囲で、ゆっくりと、そして毎日行っていきましょう。


タグ: , , , , ,

Posted by 訪問マッサージひまわり at 08:37 / リハビリの方法・予防 拘縮のリハビリ 「肘をまわす」 はコメントを受け付けていません。



ページの上部へ