車椅子使用の注意

2009年12月24日

車椅子を使用する際これらのことに注意をしましょう。
① まず、車椅子を上手に使う・乗る上で一番大切なことは「ゆっくり・確実に」ということです。
急いで乗ったり慌てて降りたりすると事故やケガのもとになります。
② 車椅子の乗り降りの際には「必ずブレーキがかかっていること」を確認するようにしてください。
しっかりブレーキがかかっていないと車椅子が固定されず、転倒してケガをする場合があるからです。
③ フットレスト(足を置く板・ステップ)の上に乗って車椅子に乗りこんだり、降りる時などに立ったりすると車椅子ごと転倒したり、フットレストが壊れたりと危険です。
  
フットレストはちゃんと上げてから乗り降りを行うようにしてください。
④ 車椅子の走行中に身を乗り出したり、車椅子に乗った状態で前方の地面に置いてあるものを取るなどの強い前傾姿勢をとる動作を行わないようにしてください。
車椅子が不安定になって転倒する危険があります。
⑤ 荷物の量が多すぎたり、グリップに荷物を吊り下げたりするとバランスを崩しやすくなり危険ですので絶対に避けてください。
⑥ 車椅子の乗り降りは安全な場所で行うようにしましょう。
転倒や思わぬ事故を防ぐためにもこれらのことをしっかりと守って車椅子を使用するようにしましょう。


タグ:

Posted by 訪問マッサージひまわり at 13:39 / リハビリの方法・予防,リハビリ介助の仕方,リハビリ介護の方法 車椅子使用の注意 はコメントを受け付けていません。



ページの上部へ