車椅子の上手な乗り方 1

2009年12月25日

車椅子の上手な乗り方 1
<立ち上がっての車椅子移乗>
座った状態から自分の力で立って(手すりなどにつかまるなどの上肢の支えが必要な場合も含む)立位・中腰の姿勢で移乗する方法について紹介します。
※この立った状態での車椅子移乗を行うには、両足・片足に体重をかけて、移乗の開始から終了まで、介助なしに立位を保持する能力が必要です。
車椅子に乗る手順
① まず、車椅子を移乗する目的の場所まで近づけます。
 ※車椅子を近づける際に、車椅子を直角に寄せるよりも座る予定の位置に対して斜めに寄せることで、臀部の移動距離が最も少なくすることができます。
② 車椅子の位置を決めてブレーキをしっかりとかけます。
③ フットレスト(足を置く板・ステップ)をあげて足を床に下ろします。
④ 立ち上がります。慌てずゆっくり立ちましょう。
⑤ 立ち上がった場所で足を中心に身体を方向を変えます。
⑥ 目的の座面に座ります。
※上肢の支えが必要な場合は、アームレスト(肘かけ)やベッドの手すりなどの位置に配慮する必要があります。


タグ:

Posted by 訪問マッサージひまわり at 07:28 / リハビリ介助の仕方 車椅子の上手な乗り方 1 はコメントを受け付けていません。



ページの上部へ