移乗動作(トランスファー) 具体的な介助の方法①

2010年1月20日

移乗動作(トランスファー) 介助の方法①
※ここでご紹介するのは座った姿勢が安定している患者様に対する方法です。
・介助を受ける患者様が立ち上がれる場合の移乗介助の方法
①車椅子をベッドに近づけ、浅く腰かけてもらいます。
 
※このとき、介助が必要な場合は、介助者は患者様の膝を片方ずつ自分の方に引きお尻を前に移動させます。
②介助を受ける患者様にベッドや柵に手をついてもらい、体を前に傾けてもらいます。
③介助者は介助を受ける患者様の横に立って、片方の手で患者様の脇を、もう片方の手で骨盤を軽く持って支え、立ち上がりを助けます。
④介助者は介助を受ける患者様を支えながら、患者様に方向転換をしてもらいます。
 
※方向転換が難しい患者様の場合には、骨盤を持って支えている手をベッドの方向に押して介助します。
⑤患者様にゆっくり座ってもらいます。


タグ:

Posted by 訪問マッサージひまわり at 14:47 / リハビリ介助の仕方 移乗動作(トランスファー) 具体的な介助の方法① はコメントを受け付けていません。



ページの上部へ