重い患者様を一人で枕方向に引き上げる介助の方法

2010年9月6日

一人で行う枕方向に引き上げの介助
患者さんが重い場合や介助者が複数人いる場合は、二人で介助を行いましょう。
しかし、介助者がいないこともあると思います。
そういった場合は、介助を一人で行わなければなりません。
今回は、患者様が重い場合でも一人で移動介助する方法についてお話します。
☆介助の方法 1
① 引き上げる方法
患者様の枕側から両脇をもって身体を引き上げます。
☆介助の方法 2
② 押し上げる方法
患者様の足側から腰を持って浮かし、上に押し上げます。
力が弱い介助者には難しいかもしれませんが、コツをつかめば一人でも素早く移動させることができます。
患者様が重い方ほど腰を痛める可能性が高くなりますので、注意して行いましょう。


タグ:

Posted by 訪問マッサージひまわり at 12:00 / リハビリ介助の仕方 重い患者様を一人で枕方向に引き上げる介助の方法 はコメントを受け付けていません。



ページの上部へ