介助による車椅子への移乗【肘かけが外れる車椅子】 

2011年2月7日

AT119_L.jpg
乗り移りが困難な人には、肘かけ(アームレスト)が外せるたり、
跳ね上がるタイプの車椅子を利用すると、移乗が楽になりますし、
介助者の負担も減りスムーズに移乗ができます。
車椅子の移乗
① 車椅子をベッドに斜め30°の角度で横づけにしたら、ぴったりとベッドにつけます。
② 肘かけを外します(跳ね上げます)。
③ 介助を受ける人には、介助者の肩に手を回してもらい、介助者はその人の脇を下から支えます。
④ お尻を横すべりさせて、車椅子に移乗させます。

移乗させる際は、息を合わせて行いましょうね。


タグ: , , ,

Posted by 訪問マッサージひまわり at 07:20 / リハビリ介助の仕方 介助による車椅子への移乗【肘かけが外れる車椅子】  はコメントを受け付けていません。



ページの上部へ