車椅子の種類

2009年12月30日

車椅子の車体構成や使用目的によって車椅子は分けられます。
ここで、いくつかの種類を紹介しましょう。
・スタンダードタイプ
 一般的な車椅子がこれにあたります。大車輪が後ろについていて、駆動(動力を伝えて 動かすこと)しやすいです。
・オーダーメイドタイプ
 使用される本人の手足の長さや四肢の可動範囲・使用目的を考慮して作られるので、よ り使いやすいですが、完成までの期間が長いです。
・トラベラータイプ
 大車輪が前についていて、前後径が短く、小回りがききます。
・スポーツタイプ
 一般の車椅子とは比較にならないほどフレームの剛性・駆動効率は高く、とても軽いで すが、アームレスト(肘掛け)やブレーキがありません。
 
※フレームとは:車椅子を構成する主な部品のことです。車椅子の走行性や操作性も左右 します。
・リクライニングタイプ
 高位の脊髄損傷者の方で起立性低血圧の発作がある場合に用いられます。
 などの種類があります。


タグ:

Posted by 訪問マッサージひまわり at 07:40 / リハビリ 用具 車椅子の種類 はコメントを受け付けていません。



ページの上部へ