自力での車椅子の移動 操作方法

2010年3月1日

 
歩行が困難な人でも、自走式車椅子を使えば、介助を受けなくても移動することができます。
ただし、外は段差や坂などがあり一人で危険なので、施設内や家の中、または周辺といった行動範囲に限られます。
☆車椅子の操作方法
自走式車椅子には、両輪にハンドリムがついていますので、それを握って車椅子を操作します。
・基本動作 4つ
①前進 : 体のやや後ろのハンドリムを握り、前に大きく押し出す・こぎだすようにし      て車輪を回転させます。
②後退 : 体のやや前のハンドリムを握り、後ろに引くようにして車輪を回転させま       す。
③左右に曲がる : 右に曲がるときは右の車輪よりも左の車輪を大きくこぎ出して回転          させます。左はその反対です。
④回転 : 左側のハンドリムを前方にこぎ出し、右側のハンドリムを後方に引くとその      場で回転できます。
事故防止のため、車椅子の運転時はハンドリムに手をおいて、いつでも止めら
れるようにしておきましょう。


タグ:

Posted by 訪問マッサージひまわり at 06:53 / リハビリ 用具 自力での車椅子の移動 操作方法 はコメントを受け付けていません。



ページの上部へ