HOME » ‘未分類’ カテゴリーのアーカイブ

‘未分類’ カテゴリーのアーカイブ

胸腰椎変形症、骨粗鬆症の患者様の施術のご紹介

2017 年 10 月 20 日 金曜日

こんにちは。マッサージ師の太田です。

今回は、胸腰椎変形症、骨粗鬆症の患者様の施術をご紹介します。

◎骨粗鬆症とは・・・閉経後の女性に多く発症し、加齢に伴って発症率が増加します。性ホルモンの分泌低下、運動不足、カルシウム不足、日光浴不足が原因で骨の形成が阻害され、骨密度が低下した疾患です。自覚症状はありませんが、骨粗鬆症により骨折しやすくなります。また、関節が押しつぶされたりするため身長が低くなる、背中が曲がる、腰が痛むなどの症状が出ることになります。

◎この患者様は・・・骨粗鬆症により胸椎・腰椎が変形し背中が曲がった姿勢です。また、腰椎圧迫骨折を繰り返し起こされており慢性的な腰痛です。

◎施術は・・・背部から腰部にかけてマッサージを行い、筋緊張の緩和・血行の改善・疼痛の緩和を促すよう取り組んでおります。あまり強い力をかけると新たな骨折の可能性もあるため、力加減に十分注意して施術を行っております。

◎患者様からは・・・「マッサージの後は腰が楽になります」とのお言葉を頂いております。

訪問マッサージひまわりでは施設などへの訪問も行っております。その際は施設側の許可をいただかなければなりませんが、現在訪問マッサージひまわりでは複数の施設に伺い施術を行っております。
ご家族などに施設入所の方などがおり、マッサージに興味をお持ちの方がおりましたらぜひお気軽に問い合わせしてください。その際に詳しくご説明いたします。
また、訪問マッサージひまわりでは随時無料体験を行っています。マッサージ興味はあるが利用の仕方わからない、どんなことを施術をされるかわからないなど疑問や不安をお持ちの方はぜひ無料体験を受けていただくことをお勧めいたします。

糖尿病性神経症の患者様の施術のご紹介

2017 年 10 月 17 日 火曜日

こんにちは。マッサージ師の太田です。

今回は、糖尿病性神経症の患者様の施術をご紹介します。

☆糖尿病性神経症とは・・・糖尿病の三大慢性合併症の一つで、血糖が高くなり余計な物質が神経細胞に溜まり、血流が悪くなる事で起こります。症状は様々で個人差がありますが、手足がピリピリしびれる、ジンジンする、異常に冷えた感じがしたり、反対に熱を持ってほてった感じがする、針で刺されたような痛み、立ちくらみがする、また痛みが感じなくなってってしまう等の感覚障害などです。

☆患者様のご様子と施術・・・体調不良による入院や認知症が始まり、少しずつ筋力が低下しています。現在は食事はご自分で食べることが出来ますが、その他の日常生活動作がだんだん出来なくなって来ています。車椅子に座る姿勢も身体を真っ直ぐ支えられず、上体が右に傾いてしまい、最近は手足の痛みを訴えてみえます。施術は首肩から腰のマッサージをし、腰が痛いようなので腰周りは特に丁寧にマッサージしています。手足は痛みがあるようなので優しくマッサージをしています。全身の体力が低下していますので、指や肘、肩を補助しながら運動しています。足の運動も腰に負担をかけない程度に少しずつ行っています。

☆施設スタッフ様の声・・・「普段あまり話されなくなったので、マッサージ中、色々話しかけてもらえるので、ありがたい」と喜ばれています。

マッサージに興味をお持ちの方がおりましたらぜひお気軽に問い合わせしてください。その際に詳しくご説明いたします。
また、訪問マッサージひまわりでは随時無料体験を行っています。マッサージ興味はあるが利用の仕方わからない、どんなことを施術をされるかわからないなど疑問や不安をお持ちの方はぜひ無料体験を受けていただくことをお勧めいたします。

閉塞性動脈硬化症の患者様の施術のご紹介

2017 年 10 月 13 日 金曜日

こんにちは。マッサージ師の太田です。

今回は、閉塞性動脈硬化症の患者様の施術をご紹介します。

◎閉塞性動脈硬化症とは・・・動脈硬化によって血管が狭くなったり詰まったりするために、末梢まで十分な血液が送られなり循環障害のために様々な症状が出てきます。特に足の動脈に起こることが多く、最初は下肢の冷え、色調の変化が現れます。次に、間欠性跛行(かんけつせいはこう)が起こります。これは、歩行中に脚が痛くなり歩行できなくなりますが、少し休むと痛みが無くなりまた歩けるようになるといった症状が出ます。しかし、症状が悪化してくるとちょっと歩いただけで痛くなり歩くことが困難になってしまいます。
最悪の場合は壊疽が生じ脚の切断という事もあります。

◎この患者様は・・・左脚に痛みと痺れを感じているようで、普段歩くことはほどんどされず車いすでの生活です。車いすからベッドへの移乗は自力でできますが、両下肢の筋力低下が顕著です。

◎施術は・・・両下肢を重点的にマッサージ・関節可動域訓練などを行い、筋緊張の緩和・血行の改善・疼痛の緩和を促すよう取り組んでおります。力下肢の筋力維持のため、立ち上がり訓練や立位保持訓練なども行っています。

◎患者様からは・・・「マッサージの後は痛みが楽になります、筋肉が付いて立ち上がりやすくなりました。」等のお言葉を頂いております。

訪問マッサージひまわりでは施設などへの訪問も行っております。その際は施設側の許可をいただかなければなりませんが、現在訪問マッサージひまわりでは複数の施設に伺い施術を行っております。
ご家族などに施設入所の方などがおり、マッサージに興味をお持ちの方がおりましたらぜひお気軽に問い合わせしてください。その際に詳しくご説明いたします。
また、訪問マッサージひまわりでは随時無料体験を行っています。マッサージ興味はあるが利用の仕方わからない、どんなことを施術をされるかわからないなど疑問や不安をお持ちの方はぜひ無料体験を受けていただくことをお勧めいたします。

胸腰椎変形症、骨粗鬆症の患者様の施術のご紹介

2017 年 10 月 10 日 火曜日

こんにちは。マッサージ師の太田です。

今回は、胸腰椎変形症、骨粗鬆症の患者様の施術をご紹介します。

◎骨粗鬆症とは・・・閉経後の女性に多く発症し、加齢に伴って発症率が増加します。性ホルモンの分泌低下、運動不足、カルシウム不足、日光浴不足が原因で骨の形成が阻害され、骨密度が低下した疾患です。自覚症状はありませんが、骨粗鬆症により骨折しやすくなります。また、関節が押しつぶされたりするため身長が低くなる、背中が曲がる、腰が痛むなどの症状が出ることになります。

◎患者様のご様子と施術・・・骨粗鬆症により胸椎・腰椎が変形し背中が曲がった姿勢です。また、腰椎圧迫骨折を繰り返し起こされており慢性的な腰痛です。施術は、背部から腰部にかけてマッサージを行い、筋緊張の緩和・血行の改善・疼痛の緩和を促すよう取り組んでおります。あまり強い力をかけると新たな骨折の可能性もあるため、力加減に十分注意して施術を行っております。

☆患者様の声・・・「マッサージの後は腰が楽になります」とのお言葉を頂いております。

訪問マッサージひまわりでは施設などへの訪問も行っております。その際は施設側の許可をいただかなければなりませんが、現在訪問マッサージひまわりでは複数の施設に伺い施術を行っております。
ご家族などに施設入所の方などがおり、マッサージに興味をお持ちの方がおりましたらぜひお気軽に問い合わせしてください。その際に詳しくご説明いたします。
また、訪問マッサージひまわりでは随時無料体験を行っています。マッサージ興味はあるが利用の仕方わからない、どんなことを施術をされるかわからないなど疑問や不安をお持ちの方はぜひ無料体験を受けていただくことをお勧めいたします。

白内障、変形性膝関節症、高血圧症の患者様の施術のご紹介

2017 年 9 月 29 日 金曜日

こんにちは。マッサージ師の太田です。

今回は、白内障、変形性膝関節症、高血圧症の利用者様の施術をご紹介いたします。

◎白内障とは。。。眼の中のレンズの役割をする水晶体が濁ってしまう病気です。加齢に伴って発生する場合が最も一般的で、早ければ40歳から発症し、80歳を超えるとほとんどの人が何らかの白内障の状態にあるといわれています。放置さえしなければ基本的には失明する病気ではありません。薬を使って発生する前に予防をするか、発症した初期に抑制することができますが、最終的には手術をする以外の方法はないようです。

◎患者様の症状。。。白内障により視界が狭くなり自分で歩いたりするのもおっくうになりがちです。それが悪循環となり両下肢の筋力低下がみられます。また、変形性膝関節症の症状もみられます。

◎施術。。。両下肢の筋力低下の防止と変形性膝関節の改善のため、両下肢を中心にマッサージ、関節可動域訓練、筋力増強訓練などを行っています。

◎患者様からお言葉。。。「マッサージしてもらった後は足が動かしやすくなる」とのお言葉を頂いております。

訪問マッサージひまわりでは施設などへの訪問も行っております。その際は施設側の許可をいただかなければなりませんが、現在訪問マッサージひまわりでは複数の施設に伺い施術を行っております。
ご家族などに施設入所の方などがおり、マッサージに興味をお持ちの方がおりましたらぜひお気軽に問い合わせしてください。その際に詳しくご説明いたします。
また、訪問マッサージひまわりでは随時無料体験を行っています。マッサージ興味はあるが利用の仕方わからない、どんなことを施術をされるかわからないなど疑問や不安をお持ちの方はぜひ無料体験を受けていただくことをお勧めいたします。

末梢神経炎の患者様施術のご紹介

2017 年 9 月 26 日 火曜日

こんにちは。マッサージ師の太田です。

今回は、末梢神経炎の利用者様の施術をご紹介いたします。

☆末梢神経炎とは・・・神経系は大きく中枢神経と末梢神経に分けられますが、脊髄以降として、胴体、腕に行き渡る神経の枝を末梢神経と呼び、この末梢神経の炎症によるものを末梢神経炎と言います。
末梢神経は、筋肉を動かす運動神経、身体から発生させされる色々な感覚を脊髄に送る感覚神経、血管などに作用する自律神経から成り立っています。末梢神経炎が起きると、これらの損傷による症状が複合的に発生します。

☆患者様のご様子・・・起居動作緩慢、足部の浮腫、手指振戦、歩行器にて介助付きでの歩行をされ手足の筋力低下によりお部屋移動はお尻滑らせて行われます。施術ではご本人様からの依頼もありますが、側臥位での肩上部から上肢、背腰部から下肢への入念なマッサージを行います。血流促進効果や各筋組織への刺激により施術後は動作の向上がみられます。

☆患者様&ご家族様の声・・・「マッサージの後は体が軽くなる」とか「元気が出るのか良く喋るようになります」などのお言葉を頂いております。

マッサージに興味をお持ちの方がおりましたらぜひお気軽に問い合わせしてください。その際に詳しくご説明いたします。
また、訪問マッサージひまわりでは随時無料体験を行っています。マッサージ興味はあるが利用の仕方わからない、どんなことを施術をされるかわからないなど疑問や不安をお持ちの方はぜひ無料体験を受けていただくことをお勧めいたします。

脊髄空洞症の患者様のご紹介

2017 年 9 月 21 日 木曜日

こんにちは。マッサージ師の太田です。
朝晩は寒くなってきましたね。体調には気をつけたいですね!

今回は、脊髄空洞症の利用者様の施術をご紹介いたします。

☆脊髄空洞症とは・・・脳や脊髄は、脳脊髄液と呼ばれる液体の中に浮かんでいて、その脳脊髄液によって外部の衝撃から守られています。通常は脊髄の中心に空洞はありませんが、脊髄空洞症とは、なんらかの原因で脊髄の中心に脳脊髄液の溜まった大きな空洞ができ、まるでちくわのような形になってしまう病気です。空洞が脊髄を内側から圧迫するせいで、さまざまな神経症状や全身症状が引き起こされます。脊髄空洞症が遺伝することはありませんが、空洞症の原因の一部には体質、もしくは遺伝となんらかの関連があると考えられています。

☆患者様のご様子・・・この患者様は手術を行われてみえます。下半身麻痺、膀胱直腸障害、感覚麻痺、下肢の腱反射亢進があります。下肢の浮腫もみとめられます。施術では下肢のマッサージとROM訓練、ストレッチにより下肢の腱反射の減少や緊張軽減が確認出来ます。また下半身麻痺による上肢への負担が多く頚肩部から上肢の筋疲労が強くあらわれる為マッサージにて緊張緩和を促します。

☆患者様の声・・・「足のむくみも減るし緊張が少なくなるのがとても助かる」とのお言葉を頂いております。

訪問マッサージひまわりでは随時無料体験を行っています。マッサージ興味はあるが利用の仕方わからない、どんなことを施術をされるかわからないなど疑問や不安をお持ちの方はぜひ無料体験を受けていただくことをお勧めいたします。

関節リウマチの患者様の施術のご紹介

2017 年 9 月 8 日 金曜日

こんにちは。マッサージ師の太田です。

今回は、関節リウマチの利用者様の施術をご紹介いたします。

◎関節リウマチとは。。。関節が炎症を起こして軟骨や骨が破壊されて、関節の機能が損なわれ、変形しまう病気です。関節の腫れや激しい痛みがみられます。関節を動かさなくても痛いのが他の関節痛と違う所です。

◎患者様の症状。。。 両手指の変形や両膝関節の痛み、右膝関節の痛みが強く、立ち上がる時辛いようです。足の甲の浮腫や圧痛あります。歩行が困難で車椅子で生活されています。
施術は、横になり、首肩から腰まで丁寧にマッサージします。手足は関節に負担をかけながら、優しいマッサージをして痛みを緩和しています。手指は変形が少しでも改善出来るようにマッサージしています。足が浮腫やすいので、リンパマッサージをして循環を良くしています。少しでも手足の関節の痛みを軽減して、苦痛を取り除いています。

◎患者様のお言葉。。。「こうやってマッサージして貰っているから何とか生活できています。本当にありがたいです。」との嬉しいお言葉を頂いております。

訪問マッサージひまわりでは施設などへの訪問も行っております。その際は施設側の許可をいただかなければなりませんが、現在訪問マッサージひまわりでは複数の施設に伺い施術を行っております。
ご家族などに施設入所の方などがおり、マッサージに興味をお持ちの方がおりましたらぜひお気軽に問い合わせしてください。その際に詳しくご説明いたします。
また、訪問マッサージひまわりでは随時無料体験を行っています。マッサージ興味はあるが利用の仕方わからない、どんなことを施術をされるかわからないなど疑問や不安をお持ちの方はぜひ無料体験を受けていただくことをお勧めいたします。

廃用症候群の患者様のご紹介

2017 年 9 月 5 日 火曜日

こんにちは。マッサージ師の太田です。

◎廃用症候群とは・・・病気やケガなどにより体を動かさない、使わない状態を長い間続けていると、少しづつ体の動きが低下して様々な症状が表れてくることを「廃用症候群」といいます。主な症状として、筋肉や骨がやせ細る、関節が硬くなる、床ずれができる、起き上がったらめまいがする、心臓の機能が低下する、意欲が低下し感情が鈍くなる、知的機能が低下する等があります。
この患者様は、脳梗塞後遺症により左半身に麻痺が見られ、屋内では車いすで移動しベッドで横になってみえることが多く、日常の活動性が乏しいため、両ふくらはぎから足部にかけて浮腫が見られます。

◎患者様のご様子・・・廃用症候群の進行予防のため、麻痺側の左半身を重点的に、マッサージ、関節可動域訓練、筋力増強訓練などを行っています。特に両下肢の筋力低下防止のため、立ち上がり訓練、立位保持訓練、軽めのスクワットなど積極的に行って頂いております。

◎ご家族様の声・・・「車いすからベッドへ移る時など楽に出来るようになりました」「教えて頂いたリハビリメニューを一人の時でもやっています」などのお言葉を頂いております。

マッサージに興味をお持ちの方がおりましたらぜひお気軽に問い合わせしてください。その際に詳しくご説明いたします。
また、訪問マッサージひまわりでは随時無料体験を行っています。マッサージ興味はあるが利用の仕方わからない、どんなことを施術をされるかわからないなど疑問や不安をお持ちの方はぜひ無料体験を受けていただくことをお勧めいたします。

肝硬変の患者様施術のご紹介

2017 年 9 月 1 日 金曜日

こんにちは。マッサージ師の太田です。
まだまだ暑い日が続きますね!
朝晩は涼しくなってきましたので体調には気をつけて下さいね。

・肝硬変とは・・・慢性肝炎の状態が長く続き、肝臓の細胞が壊れて、肝臓が小さく硬くなる病気です。アルコールや感染症、薬物がなどが原因で肝臓機能が低下してしまいます。肝臓は「沈黙の臓器」と言われるほど、自覚症状が出る頃には状態が悪化している事が多いです。

・患者様の症状と施術・・・肝臓の機能低下により腹水がよく溜まりますので、腹水を時々抜いてもらっているようです。マッサージ始めた頃は、背中や腰周りにも浮腫がみられましたが、最近は少し浮腫みが引いてきています。脊柱が後に湾曲していて腰痛があります。体調が良くない時は身体を動すのも辛いようで、体力が低下してきています。施術はベッドにて横向きになって肩から腰の擦りながらのマッサージをします。骨粗鬆症で以前脊柱の圧迫骨折をされた事もあり、体調に配慮して愛護的なマッサージをしています。足が浮腫みやすいのでリンパマッサージをして循環を改善しています。

・患者様の声・・・「マッサージの後は身体が楽になる」との喜びのお言葉を頂いております。

訪問マッサージひまわりでは随時無料体験を行なっております。マッサージに興味がある方はぜひこちらの無料体験をご利用ください。
訪問マッサージひまわりが全力でサポートします。

求人情報
メニュー案内
お役立ち情報blog
会社概要
無料相談・お問い合わせ

ページの上部へ