HOME » ‘未分類’ カテゴリーのアーカイブ

‘未分類’ カテゴリーのアーカイブ

パーキンソン病の患者様の施術のご紹介

2018 年 1 月 16 日 火曜日

マッサージ師の太田です。
今回は、パーキンソン病の患者様の施術のご紹介をします。

◎パーキンソン病とは・・・脳からの命令が全身にうまく伝わらずに身体が動かなくなる病気です。数年かけて徐々に進行していきます。 診断を確定するために、問診・頭部MRI検査・血液検査などを行います。今のところ完全に治る治療法はありませんが、薬物療法・運動療法によって症状を抑えることができます。代表的な症状は4つあり、①安静時に手足が震える(安静時振戦)、②動きが遅くなったり、動かなくなる(無動・寡動)、③腕や足がスムーズに動かなくなる、カクカク動く(筋強剛・固縮)、④前のめりに突進するように歩く、倒れそうになっても立ち直れない(歩行障害・姿勢反射障害)の4つです。

◎患者様の施術とご様子・・・歩き始めの一歩が出にくく、また歩行時のバランスが悪く両下肢に筋力低下が見られます。両上肢に振戦が見られます。両下腿から足部にかけて浮腫が見られます。自律神経症状として便が10日以上も出ないことがある様です。施術は、歩行を安定させるために両下肢の筋力訓練・ROM訓練を行い、便秘の改善のため腹部のマッサージを入念に行います。

◎患者様からのお言葉・・・「マッサージの後は手足が動かしやすくなります。」とのお言葉を頂いております。

マッサージに興味をお持ちの方がおりましたらぜひお気軽に問い合わせしてください。その際に詳しくご説明いたします。
また、訪問マッサージひまわりでは随時無料体験を行っています。マッサージ興味はあるが利用の仕方わからない、どんなことを施術をされるかわからないなど疑問や不安をお持ちの方はぜひ無料体験を受けていただくことをお勧めいたします。

くも膜下出血後遺症の患者様の施術のご紹介

2018 年 1 月 10 日 水曜日

明けましておめでとうございます!
マッサージ師の太田です。
今回はくも膜下出血後遺症の患者様の施術のご紹介をします。

☆くも膜下出血とは・・・原因で一番多いのは脳の動脈がこぶのようにふくれてそれが破裂する、脳動脈瘤破裂です。次に脳動静脈奇形からの出血、頭部外傷によるものがあります。「頭をバットで殴られたような」と表現されるように、くも膜下出血の頭痛は突然に始まり激しい痛みが続きます。出血によって髄膜が刺激されるため、吐き気やおう吐、めまいなどの症状がみられます。出血が多い場合は意識を失って倒れたり、昏睡状態に陥ってしまうことも少なくありません。

☆患者様の状態と施術・・・この患者様は体の右半身に運動麻痺が残り、四肢に拘縮がみられます。特に右上肢の屈曲拘縮が強くみられ伸展させるのが困難です。両下肢に筋力低下・筋委縮がみられます。また、言語障害があり話しをすることが不自由です。
施術は、四肢の拘縮予防のため関節可動域訓練を愛護的に行い、両下肢の筋力維持のためスクワットなどを取り入れて筋力訓練を行っています。無理はしないで出来る範囲内で行っています。

☆ご家族様からのお言葉・・・「脚の筋力がついて車いすからベッドへの移乗が楽に出来るようになりました」とのお言葉を頂いております。

訪問マッサージひまわりでは施設などへの訪問も行っております。その際は施設側の許可をいただかなければなりませんが、現在訪問マッサージひまわりでは複数の施設に伺い施術を行っております。
ご家族などに施設入所の方などがおり、マッサージに興味をお持ちの方がおりましたらぜひお気軽に問い合わせしてください。その際に詳しくご説明いたします。
また、訪問マッサージひまわりでは随時無料体験を行っています。マッサージ興味はあるが利用の仕方わからない、どんなことを施術をされるかわからないなど疑問や不安をお持ちの方はぜひ無料体験を受けていただくことをお勧めいたします。

進行性核上性麻痺の患者様の施術のご紹介

2017 年 12 月 20 日 水曜日

こんにちは。マッサージ師の太田です。
今回は進行性核上性麻痺の患者様の施術をご紹介をします。

☆進行性核上性麻痺とは・・・脳の中の大脳基底核、脳幹、小脳といった部位の神経細胞が減少し、転びやすくなったり、下方を見ることがしにくい、しゃべりにくい、飲み込みにくいといった症状がみられる疾患です。パーキンソン病とよく似た動作緩慢や歩行障害などがみられて区別がつきにくいこともある様です。

☆患者様の状態と施術・・・この患者さんは、両下肢に筋力低下が見られ、姿勢が不安定で転びやすく、バランスを崩したときに顔面に怪我をされたこともあります。また、動作がゆっくりで手足の関節に拘縮も見られます。施術は、両下肢の筋力訓練を行い姿勢や歩行の安定を図ります。手足の関節拘縮の進行を抑えるために関節可動域訓練を入念に行っています。この患者さんはリハビリにとても前向きでいつもご自分から進んで行って頂いております。

☆患者様からのお言葉・・・「脚のリハビリをやってもらった後は動かしやすくなります」と喜んで頂いています。

訪問マッサージひまわりでは随時無料体験を行っています。マッサージ興味はあるが利用の仕方わからない、どんなことを施術をされるかわからないなど疑問や不安をお持ちの方はぜひ無料体験を受けていただくことをお勧めいたします。少しでも良くなる様に、一緒に頑張って行きましょう!

ミトコンドリア脳筋症の患者様の施術のご紹介

2017 年 12 月 6 日 水曜日

こんにちは。マッサージ師の太田です。
今回はミトコンドリア脳筋症の患者様の施術をご紹介をします。

☆ミトコンドリア脳筋症とは・・・細胞の中にあるミトコンドリアの異常で脳卒中のような症状が現れる国の指定難病です。初めての発症の7割が、15歳未満であることでも知られています。国の指定難病にもなっています。繰り返し起こる嘔吐や頭痛などもミトコンドリア脳筋症の代表的な症状です。また、全身の筋力低下がみられます。

☆患者様の状態と施術・・・全身の筋力低下により、立ち上がりや歩行が不安定で補助が必要です。食事は飲み込む力が弱くなっており、口から食べれるのはわずがです。視野狭窄と難聴があり、コミニケーションに難があります。首肩の丁寧なマッサージ、手足のマッサージ、手指のグーパー運動、両肘の屈伸運動、腕を上げる運動、足の曲げ伸ばし運動、足上げ運動、運動は全て補助して行っています。コミニケーションが難しいですが、目の前で手を振ると、うなずいたり、手を振り返してくれます。身体の筋力が落ちないようにご家族と一緒になって頑張ってみえます。

☆ご家族からのお言葉・・・「マッサージをしてもらっているので、関節が固くなったりしていないです。マッサージをして貰うのが嬉しいのが、珍しく手を振っている。」と喜ばれています。

マッサージに興味をお持ちの方がおりましたらぜひお気軽に問い合わせしてください。その際に詳しくご説明いたします。
また、訪問マッサージひまわりでは随時無料体験を行っています。マッサージ興味はあるが利用の仕方わからない、どんなことを施術をされるかわからないなど疑問や不安をお持ちの方はぜひ無料体験を受けていただくことをお勧めいたします。少しでも良くなる様に、一緒に頑張って行きましょう!

脛髄症の患者様の施術のご紹介

2017 年 11 月 28 日 火曜日

こんにちは。マッサージ師の太田です。
今回は脛髄症の患者様の施術のご紹介します。

☆脛髄症とは・・・椎間板の突出や骨棘、黄色靭帯の肥厚などの退行性変性により、脊髄が圧迫される事で正しい情報が手足に伝わらなくなり、感覚が正しく脳に伝わらなくなる事です。椎骨には脊柱管というトンネルがあり、その中の電気信号が流れていて末梢神経を介して脳からの情報を手足に伝えています。また手足で感じた感覚は末梢神経から脊髄を通り脳へ電気信号が送られます。したかって、途中の脛髄が圧迫されると感覚も運動神経(手足を動かす神経)も障害を受けてしまいます。

☆患者さまの状態と施術・・・左首肩から腕にかけての強い張りがあり、腰や足の筋力低下により歩くのが不安定です。小股でちょこちょこ歩いてみえます。施術は、ベッドで横向きに寝て、首肩から腰、両手足をしっかりマッサージをして筋緊張を和らげています。左の首から左腕にかけては、痛みがあるので、しっかりマッサージをして苦痛を和らげています。両肩のストレッチをして腕が上がるようにしています。腰や足の筋力低下があり、一緒に補助しながら筋力トレーニングをしています。歩行が安定して活動的に過ごせるように頑張ってみえます。

☆患者さまからのお声・・・「マッサージをしてもらうと首の痛みもなくなり楽です。起き上がるのも起きやすい」と喜ばれています。本人の気持ちが落ち込む事もありますが、ゆっくり本人の話を聞いたり、マッサージ中楽しい雰囲気を作って気持ちが紛れるように願っています。

訪問マッサージひまわりでは随時無料体験を行っています。マッサージ興味はあるが利用の仕方わからない、どんなことを施術をされるかわからないなど疑問や不安をお持ちの方はぜひ無料体験を受けていただくことをお勧めいたします。少しでも良くなる様に、一緒に頑張って行きましょう!

大脳皮質基底核変性症の患者様の施術のご紹介

2017 年 11 月 24 日 金曜日

こんにちは。マッサージ師の太田です。
今回は大脳皮質基底核変性症の患者様の施術のご紹介します。

◎パーキンソン症状・・・(筋肉の硬さ、運動ののろさ、歩行障害など)と、大脳皮質症状(手が思うように使えない、動作がぎこちないなど) が同時にみられる病気です。身体の左側または右側のどちらか一方に症状が強いのが特徴ですが、典型的な症状に乏しく診断は難しい様です。40歳以降に発病し進行します。

◎この患者様は・・・動作がぎこちなく時間がかかり特に右上下肢に筋力の低下が見られます。立位は不安定で歩行は困難です。車いすからベッドへの移乗は、お尻を軽く持ち上げてあげれば可能です。普段の生活の中では自分から体を動かす事がほとんどありません。

◎施術は・・・四肢の関節可動域を維持するためにROM訓練を行い、筋肉の緊張緩和・血行改善のため入念にマッサージを行っています。無理のない範囲で立ち上がり訓練、立位保持訓練なども行っています。

◎患者様からは・・・「普段自分で動かせないから、一緒にやってもらうとやる気が出ます。」「脚の筋力が付いてきたような気がします。」などのお言葉を頂いております。

訪問マッサージひまわりでは施設などへの訪問も行っております。その際は施設側の許可をいただかなければなりませんが、現在訪問マッサージひまわりでは複数の施設に伺い施術を行っております。
ご家族などに施設入所の方などがおり、マッサージに興味をお持ちの方がおりましたらぜひお気軽に問い合わせしてください。その際に詳しくご説明いたします。
また、訪問マッサージひまわりでは随時無料体験を行っています。マッサージ興味はあるが利用の仕方わからない、どんなことを施術をされるかわからないなど疑問や不安をお持ちの方はぜひ無料体験を受けていただくことをお勧めいたします。

変形性膝関節症の患者様の施術のご紹介

2017 年 11 月 21 日 火曜日

こんにちは。マッサージ師の太田です。
今回は変形性膝関節症の患者様の施術のご紹介します。

☆変形性膝関節症とは・・・膝関節の軟骨がすり減り骨端がじかに触れることで、関節炎や変形を生じた結果、痛みが生じる疾患です。加齢による膝関節の変形に、肥満やO脚などによる負担が加わると発症しやすくなります。

☆患者さまの状態と施術・・・脚を動き始める時に痛みを感じ、長時間の歩行や深く膝を曲げたりした時に痛みが出るとの事です。また、立位では若干のO脚がみられ、両下肢の筋力の低下もみられます。施術は、両下肢を中心にマッサージを行い、両下肢の筋力増強訓練、特に大腿四頭筋の筋力強化のために軽めのスクワットや、抵抗をかけた膝の伸展運動などを行っています。

☆患者さまからのお声・・・「太ももの筋肉が付いて脚が動かしやすくなりました」とのお言葉を頂いております。

マッサージに興味をお持ちの方がおりましたらぜひお気軽に問い合わせしてください。その際に詳しくご説明いたします。
また、訪問マッサージひまわりでは随時無料体験を行っています。マッサージ興味はあるが利用の仕方わからない、どんなことを施術をされるかわからないなど疑問や不安をお持ちの方はぜひ無料体験を受けていただくことをお勧めいたします。少しでも良くなる様に、一緒に頑張って行きましょう!

脳性麻痺の患者様の施術のご紹介

2017 年 11 月 17 日 金曜日

こんにちは。マッサージ師の太田です。
今回は脳性麻痺の患者様の施術のご紹介をします。 

◎脳性麻痺とは・・・胎児がお腹にいる時から生後4週までに何らかの原因で、脳に損傷をうけ、体や手朝が自由に動かなくなり脳障害の後遺症といえます。運動の障害ですが、知的障害やてんかんも伴う事があります。身体の麻痺の程度はさまざまで、非常に軽度で日常生活に障害のない方から、重度で自分で身体を上手く支えられず、立つ事や座る事も出来ない方までみえます。
脳性麻痺の原因としては、生まれる前では、遺伝子の染色体異常、脳の形成異常、脳内感染、出産前後の仮死、頭蓋骨内出血などがあります。また生後1ヶ月までの脳炎、髄膜炎、脳血管障害、頭部外傷などがあります。

◎患者様の症状や施術の様子・・・全身麻痺で、日常生活全てで介助が必要です。 両手足の関節が曲がったまま、かたまっています。寝る時意外は、車椅子での生活です。手指が変形されてますが、上手にバソコンのマウスを使って仕事をされ、国家資格を取ろうと意欲的に頑張ってみえます。
車椅子にて首肩から腰のマッサージ、手足のマッサージ、手足の関節を少しずつ伸ばしています。 

◎患者様からは・・・「手が少し伸ばせるようになった。」「マッサージを始めてから風邪をひかなくなった。」と喜びのお言葉を頂いております。

訪問マッサージひまわりでは施設などへの訪問も行っております。その際は施設側の許可をいただかなければなりませんが、現在訪問マッサージひまわりでは複数の施設に伺い施術を行っております。
ご家族などに施設入所の方などがおり、マッサージに興味をお持ちの方がおりましたらぜひお気軽に問い合わせしてください。その際に詳しくご説明いたします。
また、訪問マッサージひまわりでは随時無料体験を行っています。マッサージ興味はあるが利用の仕方わからない、どんなことを施術をされるかわからないなど疑問や不安をお持ちの方はぜひ無料体験を受けていただくことをお勧めいたします。

脊髄小脳変性症の患者様の施術のご紹介

2017 年 11 月 14 日 火曜日

こんにちは。マッサージ師の太田です。
今回は脊髄小脳変性症の患者様の施術のご紹介をします。

☆脊髄小脳変性症(せきずいしょうのうへんせいしょう)とは・・・主に小脳の神経細胞が変性して現れる症状(運動失調やふらつき)を中心とした神経変性疾患の総称です。運動失調のみのタイプから、自律神経症状などが現れるタイプまで数多く含まれています。変性では炎症や血流不全など明瞭な原因なくして神経細胞が徐々に障害されていき、最終的には神経細胞がなくなって脳が委縮します。約30%の患者さんは脊髄小脳変性症を来す遺伝子変異を持っています。また、発症しやすさを増加させるような遺伝子のタイプもあると考えられています。この場合は、このような遺伝子が複数影響しあい、脊髄小脳変性症を引き起こすと考えられます。

☆患者さまの状態と施術・・・この患者様の症状は、四肢のコントロールが困難な為押し車利用しての歩行ですが、ふらつきがあり油断すると転倒されてしまいます。動作中は安定感がない状態で行われます。言葉もろれつが悪く聞き取りにくい状態です。各部位別の筋力は維持されています。施術では、筋力低下を防ぐ為各部位の筋力訓練を行います。常に全力の動作の為に強い筋緊張があり緊張をほぐすマッサージを行います。

☆患者さまからのお声・・・「ふらつきはあるが力が弱ってかない気がする」「すぐに肩や腕がパンパンになるので、ほぐしてもらえるから動きやすくなる」とのお言葉頂いております。

訪問マッサージひまわりでは施設などへの訪問も行っております。その際は施設側の許可をいただかなければなりませんが、現在訪問マッサージひまわりでは複数の施設に伺い施術を行っております。
ご家族などに施設入所の方などがおり、マッサージに興味をお持ちの方がおりましたらぜひお気軽に問い合わせしてください。その際に詳しくご説明いたします。
また、訪問マッサージひまわりでは随時無料体験を行っています。マッサージ興味はあるが利用の仕方わからない、どんなことを施術をされるかわからないなど疑問や不安をお持ちの方はぜひ無料体験を受けていただくことをお勧めいたします。

肝硬変、肝性脳症の患者様の施術のご紹介

2017 年 11 月 10 日 金曜日

こんにちは。マッサージ師の太田です。
今回は肝硬変、肝性脳症の患者様の施術のご紹介をします。

◎肝硬変、肝性脳症とは・・・全身倦怠感、食欲不振、微熱、腹部膨満、下肢こむら返り、吐血、下血等の自覚症状が見られ、さらに進行すると、黄疸、腹水貯留、肝性脳症などの肝不全症状や合併症がみられます。肝性脳症は、肝機能低下によるアンモニア上昇によって起こります。アンモニアには神経毒性があり、脳に達すると意識障害などの精神症状がみられるようになります。

◎この患者様は・・・全身の倦怠感を訴えられ、四肢・体幹の浮腫、黄疸等がみられます。特に両下肢の下腿から足部にかけての浮腫が強くみられます。両肩の痛みの訴えもあります。両下肢の筋力低下のため室内は杖を使って移動されています。

◎施術は・・・全身の浮腫改善のため求心性のマッサージを愛護的に行っています。また、両下肢の関節可動域訓練を行い歩行の安定を目指しています。時々現状に対して悲観的になられることがあり、コミュニケーションを取りながら少しでも前向きになられる様接しております。

◎患者様からは「マッサージに来てもらうのをいつも楽しみにしています。」「話をしていると気持ちが楽になります。」とのお言葉を頂いております。

求人情報
メニュー案内
お役立ち情報blog
会社概要
無料相談・お問い合わせ

ページの上部へ