HOME » ‘未分類’ カテゴリーのアーカイブ

‘未分類’ カテゴリーのアーカイブ

変形性膝関節症の患者様の施術のご紹介

2018 年 7 月 6 日 金曜日

こんにちは。マッサージ師の太田です。
今回は変形性膝関節症の患者様の施術のご紹介をします。

◎変形性膝関節症とは・・・男女比は1:4で女性に多くみられ、高齢者になるほど罹患率は高くなります。主な症状は膝の痛みと水がたまることです。初期では立ち上がり、歩きはじめなど動作の開始時のみに痛み、休めば痛みがとれますが、正座や階段の昇降が困難となり(中期)、末期になると、安静時にも痛みがとれず、変形が目立ち、膝がピンと伸びず歩行が困難になります。原因は関節軟骨の老化によることが多く、肥満や素因(遺伝子)も関与しています。加齢によるものでは、関節軟骨が年齢とともに弾力性を失い、遣い過ぎによりすり減り、関節が変形します。
 
◎患者様の状態と施術・・・立ち上がりや歩き始めなど運動開始時に痛みが伴い、若干のO脚です。水がたまることもあり整形外科に通われ治療されています。施術は、両下肢の筋力訓練、特に大腿四頭筋の筋力アップのためにスクワット等無理のない範囲で行っています。また筋緊張を和らげるためマッサージを入念に行っています。

◎患者様の声・・・「マッサージの後は、足が前に出やすくなるし、痛みも緩和されます。」と喜ばれています。

マッサージに興味をお持ちの方がおりましたらぜひお気軽に問い合わせしてください。その際に詳しくご説明いたします。
また訪問マッサージひまわりでは随時無料体験を行っています。マッサージ興味はあるが利用の仕方わからない、どんなことを施術をされるかわからないなど疑問や不安をお持ちの方はぜひ無料体験を受けていただくことをお勧めいたします。

大脳皮質基底核変性症の患者様の施術のご紹介

2018 年 7 月 3 日 火曜日

こんにちは。マッサージ師の太田です。
今回は大脳皮質基底核変性症の患者様の施術のご紹介をします。

◎大脳皮質基底核変性症とは・・・何らかの原因によって脳神経細胞に異常なタンパクが蓄積していく病気です。初期段階においてはパーキンソン症状と同じような片方のどちらかの手の筋肉の硬さや細かい運動ができなくなることが多いようです。さらに、手が震える(安静時振戦)などの症状が見られ関節が動かしにくくなることによる歩行が不自由になります。症状が進むと、自分の意思とは無関係に手足が動いたり、姿勢自体がおかしな動きになったり、目の動きが悪くなる眼球運動障害などの症状が現れます。症状に左右差があらわれるのが大脳皮質基底核変性症の特徴です。

◎患者様の状態と施術・・・この患者さんは、特に右上肢の筋肉が硬く、肩関節・肘関節・手関節に可動域制限があり、ご自分の意志で動かす事は困難です。また右下肢のハムストリングス・下腿の筋肉に固さが感じられます。歩行は困難で車いすを使用して移動されています。しかし、リハビリには大変積極的で、立ち上がり訓練、つま先立ち訓練、スクワットなどを行い両下肢の筋力維持・向上に励まれています。

訪問マッサージひまわりでは施設などへの訪問も行っております。その際は施設側の許可をいただかなければなりませんが、現在訪問マッサージひまわりでは複数の施設に伺い施術を行っております。
ご家族などに施設入所の方などがおり、マッサージに興味をお持ちの方がおりましたらぜひお気軽に問い合わせしてください。その際に詳しくご説明いたします。
また、訪問マッサージひまわりでは随時無料体験を行っています。マッサージ興味はあるが利用の仕方わからない、どんなことを施術をされるかわからないなど疑問や不安をお持ちの方はぜひ無料体験を受けていただくことをお勧めいたします。

脊髄空洞症の患者様の施術のご紹介

2018 年 6 月 29 日 金曜日

こんにちは。マッサージ師の太田です。
今回は脊髄空洞症の患者様の施術のご紹介をします。

◎脊髄空洞症とは・・・片側の腕の感覚障害もしくは脱力で発病することが多く、重苦しい、痛み、不快なしびれ感ではじまることがあります。また特徴的 な感覚障害として温痛覚障害をきたすことがあります。この障害は、例えば腕を強くつねられても触れられているという感覚はあるのに、痛みを感じない、あるいは火傷をしても熱さを感じないことです。病気が進み空洞が大きくなると、しびれ、筋肉のやせ、手足の脱力、突っ張りがみられてきます。これらの症状が体のどこに出るかは、空洞の出来た場所と広がりにより違います。

◎患者様の状態と施術・・・この患者様は、下半身麻痺の為、温痛覚障害となります。下肢の屈曲反射、腱反射がでています。足部の浮腫があるため足部のマッサージとROM訓練にて浮腫改善を促します。進行性疾患のため麻痺の範囲が拡大傾向にあります。また、上肢の負担が多く肩上部の緊張が強いため肩上部から上肢のマッサージも行います。

◎患者様のお声・・・「施術後は、緊張が減るので生活しやすくなります。」とのお言葉を頂いております。

訪問マッサージひまわりでは施設などへの訪問も行っております。その際は施設側の許可をいただかなければなりませんが、現在訪問マッサージひまわりでは複数の施設に伺い施術を行っております。
ご家族などに施設入所の方などがおり、マッサージに興味をお持ちの方がおりましたらぜひお気軽に問い合わせしてください。その際に詳しくご説明いたします。
また、訪問マッサージひまわりでは随時無料体験を行っています。マッサージ興味はあるが利用の仕方わからない、どんなことを施術をされるかわからないなど疑問や不安をお持ちの方はぜひ無料体験を受けていただくことをお勧めいたします。

脳血栓後遺症の患者様の施術のご紹介

2018 年 6 月 27 日 水曜日

こんにちは。マッサージ師の太田です。
今回は脳血栓後遺症の患者様の施術のご紹介をします。

☆脳血栓後遺症とは・・・年齢とともにさまざまな病気にかかるリスクは増えます。なぜなら身体機能が低下してくるからです。身体機能の中でも重要なのが体に栄養を送る役割を担っている血管です。身体機能が低下すると血管内に血栓ができる可能性が増えます。血栓ができると酸素や栄養素を細胞に届けるのが困難になるために、血栓の先にある細胞が死んでしまいます。この血栓は血管内どこでもできる可能性があります。場所によっては重度の後遺症が出ることもあるので血栓ができない体づくりをしておくことは大切です。

☆患者様の状態と施術・・・この患者様は、右半身麻痺による後遺症がみられます。上肢、下肢に痛みがあり動作痛が特に強く発症します。T字杖での歩行は行えます。施術では拘縮がみられ筋緊張も強い為マッサージにて緊張緩和を促します。ROM訓練も行う事で痛みの改善がみられるようです。

☆患者様の声...「やってもらうと痛みが減って動きやすくなる」とのお言葉を頂いております。

マッサージに興味をお持ちの方がおりましたらぜひお気軽に問い合わせしてください。その際に詳しくご説明いたします。
また訪問マッサージひまわりでは随時無料体験を行っています。マッサージ興味はあるが利用の仕方わからない、どんなことを施術をされるかわからないなど疑問や不安をお持ちの方はぜひ無料体験を受けていただくことをお勧めいたします。

関節リウマチの患者様の施術のご紹介

2018 年 6 月 15 日 金曜日

こんにちは。マッサージ師の太田です。
今回は関節リウマチの患者様の施術のご紹介をします。

◎関節リウマチとは・・・関節内に存在する滑膜という組織が異常増殖することによって関節内に慢性の炎症を生じる疾患で、進行すると関節が破壊され様々な程度の機能障害を引き起こします。関節症状に加えて貧血や微熱、全身倦怠感などの全身症状を合併することもあります。主な症状として、関節腫脹、疼痛、熱感、関節の朝のこわばり(起床時に指関節の屈曲が難しくなり、1時間以上続くのが特徴)、関節の変形などがあります。治療は薬物療法と手術、運動療法があります。

◎患者様の状態と施術・・・この患者様は、病状はまだ初期で日常生活の上では大きな障害はないようです。関節の朝のこわばりや疼痛などは若干ある様です。薬物療法に加えて運動療法として、四肢・体幹のマッサージ、ストレッチ、関節可動域訓練、筋力訓練を無理のない範囲で行っています。いつも積極的にリハビリに取り組んで頂いております。 

訪問マッサージひまわりでは施設などへの訪問も行っております。その際は施設側の許可をいただかなければなりませんが、現在訪問マッサージひまわりでは複数の施設に伺い施術を行っております。
ご家族などに施設入所の方などがおり、マッサージに興味をお持ちの方がおりましたらぜひお気軽に問い合わせしてください。その際に詳しくご説明いたします。
また、訪問マッサージひまわりでは随時無料体験を行っています。マッサージ興味はあるが利用の仕方わからない、どんなことを施術をされるかわからないなど疑問や不安をお持ちの方はぜひ無料体験を受けていただくことをお勧めいたします。

脊髄小脳変性症の患者様の施術のご紹介

2018 年 6 月 12 日 火曜日

こんにちは。マッサージ師の太田です。
今回は脊髄小脳変性症の患者様の施術のご紹介をします。

◎脊髄小脳変性症とは・・・歩行時のふらつきや、手の震え、ろれつが回らない等を症状とする神経の病気です。動かすことは出来るのに、上手に動かすことが出来ないという症状です。主に小脳という、後頭部の下側にある脳の一部が病気になったときに現れる症状です。この症状を総称して、運動失調症状と呼びます。

◎患者様の状態と施術・・・この症状により歩行が不安定で歩行器への依存度が高く上肢への負担が大きいです。その為頚肩部から上肢の疲労が多く肩凝りが強く現れます。また全身の緊張もみられます。施術では緊張をほぐす為マッサージを行い、特に頚肩部への施術は緊張がとれて楽になるとの事です。また下肢の筋力訓練も行なっている為、部位別の筋力低下はみられず維持出来ていると思われます。少しでも症状の改善、意欲向上につながるよう努めております。

マッサージに興味をお持ちの方がおりましたらぜひお気軽に問い合わせしてください。その際に詳しくご説明いたします。
また、訪問マッサージひまわりでは随時無料体験を行っています。マッサージ興味はあるが利用の仕方わからない、どんなことを施術をされるかわからないなど疑問や不安をお持ちの方はぜひ無料体験を受けていただくことをお勧めいたします。

緑内障の患者様の施術のご紹介

2018 年 6 月 1 日 金曜日

こんにちは。マッサージ師の太田です。
今回は緑内障の患者様の施術のご紹介をします。

◎緑内障とは・・・目から入ってきた情報を脳に伝達する視神経という器官に障害が起こり、視野(見える範囲)が狭くなる病気のことです。治療が遅れると失明に至ることもあります。症状は、少しずつ見える範囲が狭くなっていきます。しかし、その進行は非常にゆっくりで、両方の目の症状が同時に進行することは稀なので、病気がかなり進行するまで自覚症状はほとんどありません。緑内障は中高年の方に起こる代表的な病気のひとつです。症状がない場合でも、定期的に眼科検診を受けることをおすすめします。

◎患者様の状態と施術・・・この患者様は目の症状も軽度に進行傾向がみられます。腰痛に於いても緑内障により行動範囲に制限が起きてしまう為に日常生活動作に限定が強いられてしまします。ですが、ご本人様は腰痛対策への筋力訓練にとても前向きですので、マッサージの時も下肢の筋力訓練を行なったり歩行器を利用して補助しながら歩行訓練を行なっています。そのためか、大きな生活リズムの変化もなく維持継続が行えています。施術では、元々無口な患者様ですので黙々と積極的に行われます。

マッサージに興味をお持ちの方がおりましたらぜひお気軽に問い合わせしてください。その際に詳しくご説明いたします。
また、訪問マッサージひまわりでは随時無料体験を行っています。マッサージ興味はあるが利用の仕方わからない、どんなことを施術をされるかわからないなど疑問や不安をお持ちの方はぜひ無料体験を受けていただくことをお勧めいたします。

くも膜下出血の後遺症の患者様の施術のご紹介

2018 年 5 月 28 日 月曜日

こんにちは。マッサージ師の太田です。
今回はくも膜下出血の後遺症の患者様の施術のご紹介をします。

☆くも膜下出血とは・・・脳は硬膜・くも膜・軟膜という3層の膜に包まれています。くも膜下出血は軟膜とくも膜のすき間に出血を起こした状態を言います。出血は脳動脈の一部が膨らんでできる「脳動脈瘤」や生まれつき脳に異常のある「血管奇形」などが原因となります。一度脳動脈瘤が破裂しくも膜下出血を起こしてしまうと、3分の2の患者さんは亡くなるか重い後遺症が残ってしまい社会復帰のできない状態となってしまいます。運良く一命を取り留めた場合でも、判断力・記名力の低下や、半身不随、言語障害など後遺症が残るケースが多くなっています。

☆患者様の状態と施術・・・この患者さんは、左半身に麻痺が見られ、特に左肩関節と左肘関節に拘縮が強く見られます。歩行は困難で車いすでの移動となります。日常会話等に問題はありません。施術は四肢の関節拘縮の更なる進行の予防と改善を目的にマッサージ、関節可動域訓練を中心に行っています。両下肢の筋力維持のため無理のない範囲で筋力訓練も行っています。少しでも日常生活動作の向上につながる様、患者さんの状態を見ながら施術を行っております。

マッサージに興味をお持ちの方がおりましたらぜひお気軽に問い合わせしてください。その際に詳しくご説明いたします。
また、訪問マッサージひまわりでは随時無料体験を行っています。マッサージ興味はあるが利用の仕方わからない、どんなことを施術をされるかわからないなど疑問や不安をお持ちの方はぜひ無料体験を受けていただくことをお勧めいたします。

糖尿病性ニューロパチーの患者様の施術のご紹介

2018 年 4 月 27 日 金曜日

こんにちは。マッサージ師の太田です。
今回は糖尿病ニューロパチーの患者様の施術のご紹介をします。

◎糖尿病ニューロパチーとは・・・糖尿病の治療がされていない状態、あるいは治療がうまくいっていない状態が年単位で続くと、糖尿病性ニューロパチー(神経障害)、糖尿病性網膜症、糖尿病性腎症などの合併症を起こしてきます。これら3つの合併症を糖尿病の3大合併症といいます。網膜症や腎症は5年、10年と時間をかけて進行することが多いですが、ニューロパチーはもう少し初期から症状が現れることが多いです。全身の様々な神経がダメージを受けることにより、手足の痺れや痛み、便秘や下痢、排尿障害、味覚障害、立ちくらみ、発汗の異常、勃起障害など様々な症状が出てきます。

◎患者様の状態・・・この患者様は糖尿病性網膜症で全盲となっておりますられますが、膝痛も現状維持から僅かな向上がみられ日中の痛みは軽減しお部屋での移動も積極的行える状態です。施術の継続によって生活の質の向上に繋がるようお互いに頑張っております。

訪問マッサージひまわりでは施設などへの訪問も行っております。その際は施設側の許可をいただかなければなりませんが、現在訪問マッサージひまわりでは複数の施設に伺い施術を行っております。
ご家族などに施設入所の方などがおり、マッサージに興味をお持ちの方がおりましたらぜひお気軽に問い合わせしてください。その際に詳しくご説明いたします。
また、訪問マッサージひまわりでは随時無料体験を行っています。マッサージ興味はあるが利用の仕方わからない、どんなことを施術をされるかわからないなど疑問や不安をお持ちの方はぜひ無料体験を受けていただくことをお勧めいたします。

変形性膝関節症の患者様の施術のご紹介

2018 年 4 月 20 日 金曜日

こんにちは。マッサージ師の太田です。
今回は変形性膝関節症の患者様の施術のご紹介をします。

◎変形性膝関節症とは...膝の関節の軟骨の質が低下し、少しずつすり減り、歩行時に膝の痛みが出現する病気です。中高年(50歳以上)の女性に多く、こわばり感から始まり、徐々に正座、しゃがみ込み、階段昇降などで膝が痛むようになります。進行すると外観上はO脚変形が明瞭となります。治療法の1つ運動療法では、ストレッチや下半身を中心とした筋トレ、有酸素運動が有効です。痛みの程度に合わせ無理のない様行うことで痛みを改善する効果があります。

◎患者様の状態と施術...両下肢を中心にマッサージを行い筋緊張の緩和を促し、両下肢の筋力、特に大腿四頭筋・ハムストリングスの筋力アップのために抵抗をかけた下肢伸展運動や軽めのスクワットを無理のない範囲で行っています。

◎患者様の声...「リハビリのおかげで、最近歩きやすくなりました。」「痛みも以前ほどなくなりました。」とのお言葉を頂いております。

マッサージに興味をお持ちの方がおりましたらぜひお気軽に問い合わせしてください。その際に詳しくご説明いたします。
また、訪問マッサージひまわりでは随時無料体験を行っています。マッサージ興味はあるが利用の仕方わからない、どんなことを施術をされるかわからないなど疑問や不安をお持ちの方はぜひ無料体験を受けていただくことをお勧めいたします。

求人情報
メニュー案内
お役立ち情報blog
会社概要
無料相談・お問い合わせ

ページの上部へ